ネット総合病院 医薬品の個人輸入

ネット総合病院は信頼のおける個人輸入代行

医薬品の個人輸入をご利用になる方が増えてきています。これは、取り扱われている海外の医薬品の価格が安いこと、また、病院に行かなくても注文することができるので、診察料金がかからないことなどが理由にあげられます。ネット総合病院もたくさんある個人輸入代行業者の一つにすぎませんが、規律ある運営を続けていてお客様からの信頼も厚いです。

 

取り扱われている医薬品は、すべて海外で流通の許可されており、審査され効果と安全が確認できているものばかりです。どこで製造されたかわからないような不確かな医薬品は取り扱っていません。ネット総合病院のホームページに掲載されているすべての医薬品やサプリメントは基準を満たした正規品ばかりです。

 

個人輸入をされたことがない方のために、簡単に規則と制約をご案内します。個人輸入の規則では関連する責任はすべて注文者が負うことになっています。どういうことかというと、個人輸入を注文することによって起こった損害は注文者の責任で解決しなくてはいけないということです。例えば、購入した医薬品をほかの方が服用して、副作用が出てしまった場合は、その解決と責任は注文者が負わなければいけないということです。たとえ間違って服用してしまった場合でもそうです。もちろん、個人輸入で購入した医薬品を他人に進めるようなことも他人と共有すること禁止されています。

 

このことからも分かるように、個人輸入で購入した医薬品の使用はもちろん保管についても厳しく管理が求められるのです。たとえ事故であっても他人が使用してしまった場合は、処罰の対象となることもあるので慎重な対応が求められているのです。また、ご自身で服用されて副作用が出てしまった場合も同じです。ネット総合病院では個人輸入された医薬品によって起こった事故についての責任を負うことはありません。

 

このように取り扱いに規制がある個人輸入ですが、その反面メリットもあります。海外の医薬品の価格は同じ成分でありながら日本で製造されているものよりも安いことが多いことです。製造にかかるコストの違いが料金に反映されるわけですが、海外では安いコストで生産が可能です。そのためにネット総合病院の医薬品は日本で購入されるよりもお安く購入することができます。

 

それだけではなくジェネリック医薬品の取り扱いが早いです。ジェネリック医薬品の使用の認可は国ごとに行われています。日本でもじねりっくの審査が行われて効果と安全を確かめたうえで認可が下ります。そのスピードが世界的に見て遅く、海外で認可が下りてから数年後に日本でも認められるといった具合です。ネット総合病院のような個人輸入代行業者では、このような日本ではまだ審査中の医薬品でも海外で流通が許可されている場合なら取り扱うことができます。そのために新薬や新しく認可されたジェネリック薬でもご購入いただくことができるのです。

コロナの要請検査ができるコロナ検査キットは様々な種類のものが販売されていますが、精度が低い粗悪品も出回っていることから通販で購入することを控える方もおられます。ネット総合病院でもコロナ検査キットを取り...
このページの先頭へ戻る