勃起不全は泌尿器科

勃起不全は泌尿器科に診察してもらいましょう

以前は勃起不全にかかわることを話すことだけでもタブーとされていることがありました。しかし、ED治療薬の登場からその文化はなくなり、勃起不全で悩んでいた多くの人々が声を上げだしたのです。多くの患者さんが泌尿器科へED治療薬を求めて集まりました、自分の勃起不全が治るかもしれないという期待に胸を膨らませていたのです。泌尿器科のインポテンツに医療化が劇的に進みました。

 

新しい治療法の紹介とその利用の増加にみられる技術革新とが同時に起こりました。勃起不全の治療の歴史をたどると1980年代に利用されていた勃起不全の治療法は人口ペニスの移植手術でした。インポテンツの原因を解決するのではなく、症状を改善することに注力されていたのです。そのために何年もの間、心因性の勃起不全に目を向けることがなかったのです。

 

インポテンツの潜在的な原因は加齢、心血管系、うつ病、脊髄損傷、処方薬の副作用とされていましたが、心因性のものはあまり重要視されていなかったのです。しかしストレスからくる要因が過小評価されてしまいました。しかし現実では心因性の勃起不全の方の割合が多いのです。

 

今ではインポテンツの治療は泌尿器科となっています。その泌尿器科では二つある勃起不全の原因である、器質性と心因性の両方の治療が可能となっています。

このページの先頭へ戻る